知らなきゃ損!ミネラル豊富なキララの天然水とRO水の違いは何?

天然水とRO水

 

女性

ウォーターサーバーを選ぶときに「天然水かRO水」どちらにするか?これは1番大きなポイントです。天然水とRO水は、味や含まれるミネラル成分などが大きく変わってきます。それぞれにメリット・デメリットがあるので、生活スタイルや譲れないポイントを押えて選んでいきましょう。

 

あなたにとって必要なお水はどちらでしょうか?ここでは選び方のポイントを比較しながら詳しくご紹介していきます。基準を明確にしてウォーターサーバーを選んでいきましょう。

 

 

スーパーでもらえる無料のRO水ってどんなお水なの?

 

ウォーターサーバーにはRO水か天然水の2種類があります。天然水はなんとなく分かるけど、RO水ってあまり聞いたことがないですよね。スーパーやドラッグストアで専用の容器を購入すると、無料でお水がもらえるサービスがありますよね。この無料サービスの大半はRO水です。純水やピュアウォーターと表示してある店舗もありますよね。H2O以外をほとんど含まない、精製されたRO水と同じです。

 

水道水よりも身体に良さそうですが、果たして本当にそうなのでしょうか?RO水とはどのようなお水なのか、詳しくみていきましょう。

 

超微細孔のフィルターで不純物を除去

RO水は採取した水(水道水など)にRO膜(逆浸透膜)と言われる0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターで、不純物を完除去した水のことです。この強力な膜は水の分子だけを通してくれます。

 

RO膜で取り除ける不純物

 

ウイルス

RO膜は超微細孔のフィルターですので、ダイオキシンなどの環境ホルモンやトリハロメタン、農薬、塩素、クロロホルム、重金属類、細菌やウイルス、花粉、カルキ臭やカビ臭いなどの臭いまで取り除くことができます。RO膜でろ過された水は不純物が無いため、純水やピュアウォーターとも言われます。

 

RO膜でろ過すると、ウイスキーも純水になるぐらいの威力です。大型客船で海水から飲料水にしたり、災害時に河川などの水から飲料水を作るための浄水器としても活用されています。

 

ミネラルまで除去してしまうデメリットも

ろ過する力が非常に強いことはメリットである一方、ミネラル成分まで取り除いてしまうデメリットがあります。含まれるミネラルバランスによって水の味が決まるので、RO水は味がなく無味無臭です。RO水によっては、ろ過の後に人工的にミネラル成分を添加している場合もあります。

 

コストが安い

RO膜で不純物を除去するため、仕上がる水の品質は均一です。ですので、元の水はどこで採水しても一緒だと考えられています。中には工場地域の河川水を採水している場合もあるので、十分な注意が必要です。理論上はどんな原水でも大丈夫だとしても、採水地にはこだわりたいですよね。

 

無料でもらえるRO水の安全性は?

RO水ウォーターマシン

 

RO水は人体に影響のある不純物が除去されているため、安全性が高いですが保存に注意が必要です。なぜならば、RO膜によって塩素までゼロになっているからです。残留塩素は悪者のイメージがありますが、雑菌を繁殖させないためにある程度は必要なものです。

 

水道水の消毒は水道法第22条に基づく水道法施行規則(厚生労働省令)第17条3号によって、0.1mg/L以上の濃度を保持するよう義務づけられています。

 

RO水は塩素が取り除かれているので、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。衛生状態を保つためにボトルは常に清潔に保ち、、なるべく冷蔵庫に入れて早く飲み切るようにしましょう。夏場は必ず冷蔵庫に入れてくださいね!

 

RO水が向いている人はどんな人?

RO水が向いている人

女性

  • 味にこだわりのない人
  • できるだけコストを抑えたい人
  • 天然水にこだわりのない人
  • クセのない水が好きな人
ROが向いていない人

女性

  • 味にこだわりのある人
  • 自然のミネラルを摂取したい人
  • 採水地を選びたい人
  • 人工的な水が嫌な人

 

天然水とRO水の違いは?

 

天然水は水質の良い特定の水源から採水された地下水のことです。雪どけ水や雨水が地層を通って、長い年月をかけて地中のミネラルを含んでいきます。水の味はミネラルの種類やバランスによって変わってくるので、採水地によって味が異なることが特徴です。

 

天然水はもともとの美味しさを損なわないように、最低限のろ過や殺菌処理が行われています。RO膜のような強力な膜を通さないので、ミネラル成分や水が元々持っている風味はそのままキープされています。RO水は味がしませんが、天然水は様々な味があるので選ぶ楽しみがありますよね♪

 

RO水と天然水の比較

 

天然水 RO水
採水地 富士山麓など環境保全で水質が守られた特定の水源 特定されていない
ろ過処理 ミネラル成分を残すために過度なろ過はしない RO膜(逆浸透膜)といれる超微細孔のフィルターでろ過し、不純物(ミネラルも含む)を完全に除去する
ミネラル成分 豊富採水地によりミネラルの種類や含有量が異なる 無しろ過処理の後に添加される場合あり
コスト 高い 安い
含まれるミネラルによって異なる味がまろやか 純水に近いので味がない
安全性

赤ちゃんのミルク 硬度が50mg/L以下の軟水であればOK

(キララの天然水は28mg/L)

 

天然水とミネラルウォーターは違うの?

 

ミネラルウォーターといえば「自然のミネラルが含まれた天然水」で、富士山や阿蘇山など、自然環境豊かな場所で採水されているイメージがありませんか?実はその考え方、間違えているんです。例えば、RO水にミネラルを添加している水は「ミネラルウォーター」に分類されます。ミネラルウォーターと天然水はイコールではありません。

 

自然なミネラルを摂っていると思っていたのに、後から添加されたミネラルだったらショックですよね。どんな種類の水なのか、見分け方や特徴はラベル表示から判断することができます。キララの天然水のラベルを一緒に見ていきましょう。

 

キララの外箱

 

名称

 

農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」では、全ての水に殺菌処理を義務付け、容器入りの飲料水をミネラルウォーター類としています。名称は4つに分類されています。

 

ナチュラルウォーター 特定の水源より採水された地下水処理方法はろ過、沈殿および加熱殺菌以外は行っていないもの
ナチュラルミネラルウォーター ナチュラルウォーターの中で、もともとミネラルを含んでいる地下水を源泉としたもの処理方法はナチュラルウォーターと同じ
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターの中で、安定した品質のためにミネラルの調整や複数のナチュラルミネラルウォーターの混合を行っているもの
ボトルドウォーター 上記3種類以外の飲料水純水や蒸留水、河川の漂流水、水道水など処理方法に制限がない


富士山のミネラルを含んでいる地下水が源泉になっているので、キララの天然水はナチュラルミネラルウォーターに分類されます。エビアンやボルビックなどヨーロッパの水もナチュラルミネラルウォーターに分類されます。自然なミネラルを摂りたい場合は、ナチュラルミネラルウォーターを選ぶと良いですよ。

 

この4つの分類で天然水と呼べるのは、ナチュラルウォーターかナチュラルミネラルウォーターの2つになります。

 

ヨーロッパのミネラルウォーターは殺菌処理なし

 

ミネラルウォーター

ヨーロッパのミネラルウォーターは一切の殺菌処理を行わず、汲み上げた水がそのままボトリングされています。法律により、あらゆる汚染から完全に隔離され、水源が徹底的に守られているので可能な方法なんですね。

 

殺菌処理をしないことによって、水本来のおいしさとミネラル成分を重視する歴史があります。加熱殺菌は水の組成が変わり、おいしさのポイントである溶存酸素やミネラルが減る可能性があります。

 

日本の場合は水源が法律で管理されていないこともあり、殺菌が義務づけられています。キララの天然水は非加熱殺菌でおいしさはそのまま、最低限のろ過で不純物や菌が取り除かれ、外科手術並みにクリーンな無菌室でパッキングされています。

 

原材料名

 

もう1つの重要なポイントが原水の種類で、7種類に分類されています。

 

浅井戸水 浅い井戸からポンプなどによって採水した地下水
深井戸水 深い井戸からポンプなどによって採水した地下水
湧水 自噴している地下水
鉱泉水 湧水で水温25度未満、溶け込んでいるミネラルの特徴がある
温泉水 湧き水で水温25度以上、温泉法で規定される溶け込んでいるミネラルの特徴があり、飲用に適す水
鉱水 ポンプなどにより取水した地下水で、溶存鉱物質により特徴づけられる地下水
伏流水 旧河道(昔の河川流路)や砂れき層などの中を流れる浅い地下水


キララの天然水は鉱水になります。エビアンやボルビックなどヨーロッパの水もナチュラルミネラルウォーターに分類されます。溶け込んでいるミネラルの種類と量が違うので、それぞれにおいしさが異なります。

 

コストコの水が安い理由

 

コストコのプライベートブランドKIRKLANDのペットボトルの水(ピュリファイドウォーター)は異様に安いですよね。まとめ買いになりますが、500mlで20円を切る安さです。

 

原材料名のラベルは水(水道水)と記載されているので、その安さにも納得ですよね。分類はボトルドウォーターになります。さすがにこの価格で天然水は飲めません… ミネラルウォーターを買う場合は価格だけでなく、名称と原材料もチェックして選んでくださいね。

 

女性

 

 

お水と一緒にミネラルを摂取できれば、美容と健康にも良いですよね♪ポイントになるのは、そのミネラルが天然のものか(天然水)、もしくは後から人工的に添加されたもの(ビタミンを添加したRO水)なのか… 

 

好みが分かれるところですが、天然のミネラルの方が身体への吸収力が高く、身体にも良いと言われています。天然水でミネラルを補給していきましょう!


 

天然水ならキララウォーターサーバーで決まり!

 

ウォーターサーバー

天然水のウォーターサーバーはいくつもあって迷いますよね。

  • 産地はどこがいいのか
  • ミネラル成分にはどんなものが入っているのか
  • どんな味がするのか

など、天然水ウォーターサーバーと一言で言っても選ぶのにも悩んでしまいます。私は断然キララウォーターサーバーをオススメします。

 

オススメする理由は3つ
  • 美容と健康に良いと大注目されている、シリカとバナジウムが同時に採れるのはキララだけ
  • マグネシウムはカルシウムなどのミネラル成分が豊富
  • ウォーターサーバーのデザインがスリムでかっこよく、置き場所をとらない

 

ミネラル成分が豊富でおいしいキララの天然水。これだけでも満足なのですが、キララ最大の特徴がまだ1つあります。それは、サーバーで炭酸水が作れることです!市販の炭酸水は種類が少なく、水の種類まで選ぶことができません。キララは富士山の厳選された天然水で、驚くほどおいしい炭酸水を作ることができます♪

 

といっても、すぐに購入はお勧めしません。一度私の詳しい体験記を読んでからご判断してみてくださいね。参考にしてもらえると嬉しいです。

 

 

キララ体験談