【シリカとバナジウム】高含有はキララだけ!天然サプリで健康体質に

ミネラル摂取

 

女性

ミネラルウォーターを選ぶときに何を基準にしていますか?名前にミネラルと付いているし、なんとなく身体に良さそうなイメージで選んでいる人が多いのではないでしょうか?

 

せっかくお水を選んで買うのであれば、自分の好みにピッタリと合うお水を選びたいですよね。ミネラルには様々な働きがあるので、美容や健康面で大きく役立ってくれます。天然のサプリと呼ばれる、水に含まれるミネラルについて詳しくご紹介していきます。

 

 

生命維持にミネラルは必要不可欠!不足すると深刻な事態に…

 

天然水

水の中には海中や地中から溶け出した様々なミネラル成分が豊富に含まれています。様々な山や岩盤、地中を通り抜ける間にミネラルを含んでいきます。ですので、採水する場所によって含まれるミネラルの種類と量が全く違うものになります。

 

ミネラルは人間の5大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル)の1つです。ミネラルは私達の生命活動に欠かせないもので、身体の健康を維持する大切な働きがあります。

 

体の骨や歯、筋肉や臓器などの組織を作ったり、筋肉の収縮や神経の情報伝達、老廃物の排出やエネルギーを作るなど、大切な役割がいくつもあります。ミネラルが不足すると各組織の機能が正常に働かず、体に不調が現れます。

 

ミネラルは体内で作り出すことができないので、食べ物で摂取するしか方法がありません。ミネラルは相互に影響しあって体内で働くので、特定のミネラルだけを採っても意味がありません。バランスよく摂取する必要があります。

 

昔の日本人は玄米や粗塩、海藻などミネラル分を多く摂取していましたが、白米や食事の欧米化によってミネラル不足の人が増えています。必須ミネラルは体の中で、絶対に欠かせない働きがあるので不足すると欠乏症になります。特に意識して摂るようにしましょう。

 

必須ミネラル(主要ミネラル7種類・微量ミネラル9種類)

 

主要ミネラル 微量ミネラル
カルシウム
マグネシウム
リン ヨウ素
カリウム マンガン
ナトリウム セレン
硫黄 亜鉛

塩素

 

 

クロム
コバルト
モリブデン

 

女性

 

 

ミネラルウォーターは大切なミネラルがイオン化して溶け込んでいるので、水を飲むだけで手軽にミネラルを補給することができます。イオンの状態で摂取する方が、食品から摂取するよりも吸収性に優れていると言われてます♪ミネラルウォーターを飲んで健康と美肌をキープしていきましょう!


 

キララの天然水で賢くミネラルを摂取しよう!


キララの天然水の採水地は富士山エリアでも事業所の数が極端に少なく、自然豊かな山中湖村。しかも、業界No.1の標高の1,030Mから採水されているので汚染などの影響がなく、抜群の自然環境で水が汲み上げられています。富士山の特徴である火山岩、玄武岩の自然のフィルターによって水がろ過され、バナジウムなどのミネラルを溶け込ませていきます。

 

同じ富士山エリアであっても、少しでも採水地が違うと含まれるミネラルが変わってきます。キララはシリカ(ケイ素)とバナジウムの含有量が多い唯一の天然水です。

 

シリカ 48mg
バナジウム 70µg
カルシウム 7.1mg
マグネシウム 2.5mg
炭酸水素イオン 37mg
ナトリウム 4.4mg
カリウム 1mg
亜鉛 10µg

 

シリカとバナジウム|他のウォーターサーバーとの比較

 

美のミネラルと呼ばれるシリカ、インスリンと似た働きをして健康状態を維持してくれるバナジウム、どちらも両方とりたい!そんな場合はキララの天然水がおすすめです。

 

数多いウォーターサーバーの中で、シリカとバナジウム両方の含有量がここまで多い水は唯一キララだけです!キララの水を飲むだけで、シリカとバナジウムの両方を手軽に摂取することができますよ。

 

 

シリカ

バナジウム

キララの天然水

48mg

70µg

フレシャスウォーター
(富士山の天然水)

×

86µg

コスモウォーター
(富士の響き)

×

61µg

コスモウォーター
(日田の誉)

72mg

×

プレミアムウォーター
(南阿蘇)

49.7mg

×

 

キララの天然水に入っているミネラルの種類と役割は?


キララの天然水には富士山の恵みたっぷりのミネラルが豊富に含まれています。それぞれのミネラルの役割についてみていきましょう。

 

シリカ

シリカ(ケイ素、珪素)は美のミネラルと呼ばれており、モデルなど美意識の高い人が積極的に摂取している大注目のミネラルです。シリカは髪や皮膚、骨、関節、血管、歯、ツメなどに多く含まれ、私達の身体のあらゆる部位に含まれています。

 

女性

シリカは肌の弾力をキープしてくれるエラスチンや、潤いに欠かせないヒアルロン酸や骨をを結びつける働きが強いと言われています。コラーゲンの再生を手助けしてくれる働きもあるので、美しい肌作りには欠かせない美容成分です。脂肪のかたまりであるセルライトの解消にも一役買ってくれます。

 

私達は年齢をとるにつれ、肌の弾力やハリがなくなり老化が進みます。この老化の原因の1つがシリカの不足です。シリカは加齢と共に減少し、40代を過ぎると20代の半分になると言われています。体内では合成できないので、食品から積極的に摂取してキレイな肌をキープし続けたいですよね。

 

成人が1日に消費するシリカの量は10~40mgですので、この範囲でシリカを摂取していきましょう。美容を意識する人は1日に40mgは摂りたいですよね。

 

シリカを含む食品(100gあたり)
  • 小麦 160mg
  • じゃがいも 200mg
  • トウモロコシ 20mg
  • 玄米 5mg
  • あお海苔 62mg
  • ひじき 10mg
  • あさり 2mg

 

シリカを含む食品は少ないですが、小麦とじゃがいもが突出して多いですね。主食ではないので、毎日の摂取となると飽きてしまいます… その点、水であれば飽きることはありません。1日あたり1リットルのキララの天然水で、48mgのシリカを摂取することができます。

 

シリカが不足すると?

女性

  • 爪がガサガサになり、二枚ツメになったり割れやすくなる
  • 髪のハリがなくなり、パサついてが抜けやすくなる
  • シワができやすくなる
  • 肌のツヤと弾力が失われる
  • 骨密度が低くなり、骨粗しょう症になりやすくなる
  • 老化が進む

 

バナジウム

富士山で採水される天然水には、玄武岩から溶け出したバナジウムが含まれています。バナジウムはインスリンと似た働きをします。血糖値を下げて、糖尿病の予防や改善に期待できると言われています。

 

糖尿病になると疲れやすくなり、他の病気との合併症のリスクが高まります。糖尿病よりも恐ろしいのが合併症です。失明の恐れもある糖尿病性網膜症や、人工透析も起こりうる糖尿病性腎症、足のしびれなどの糖尿病性神経障害などを発症します。糖尿病は未然に防ぎたいですよね。

 

また、脂質の代謝を促進して血中コレステロールの合成を抑制する作用があります。血液がサラサラになって、高血圧や動脈硬化の予防も期待できます。

 

カルシウム

カルシウムは人体に最も多く存在するミネラルで、成人で1kgほどの量があります。骨や歯の主要成分で、丈夫な骨を作ってくれます。血液の凝固や筋肉の働きをサポートしたり、イライラなどの精神状態を安定させて、神経の興奮をコントロールする作用もあります。

 

骨をつくるうえで、カルシウムとマグネシウムの摂取バランスは非常に重要です。カルシウム1に対してマグネシウム0.3~0.5のバランスが理想的で、吸収力がアップします。キララの天然水は3:1の理想のバランスです。

 

日本人は慢性的にカルシウムが不足していると言われています。特に女性の場合、閉経後に女性ホルモンの分泌が低下して、骨量が減少しやすくなります。骨折や骨粗しょう症になりやすいので、積極的にカルシウムを補給していきましょう。

 

マグネシウム

マグネシウムの約6割は骨に含まれ、骨を構成する重要な成分になっています。残りの20%は筋肉、10%は血中に存在しています。体内で300種類以上の酵素の働きに関与し、エネルギー代謝を促進して疲労回復を助けてくれます。精神を安定させ、血管を広げて血圧を正常に保ち、体温を正常化させる働きがあります。

 

マグネシウムが不足すると筋肉の収縮がうまく行われず、けいれんが起きたり、不整脈や心筋梗塞など心疾患のリスクが高まります。

 

女性便秘

女性は便秘で悩んでいる人が多いですよね。マグネシウムは水分で便を柔らかくし、スムーズな排便を促してくれます。水をたくさん飲んだり、水溶性の食物繊維を摂っても便がカチカチでお腹がが苦しい… そんな方にはマグネシウムが強い味方になってくれます。

 

こまめにミネラルウォーターを飲むと、水分補給もできて一石二鳥です。便秘が解消されると、下腹のポッコリがや肌荒れの悩みから解放されますよ。

 

炭酸水素イオン

炭酸水素イオンは重炭酸イオンとも呼ばれるHCO3-の陰イオンで、水溶液中でのみ存在しています。天然には硬水に多く含まれています。炭酸水素イオンは老化や疾病の原因である活性酸素の働きを抑制し、細胞の老化を防ぐと言われています。

 

また、疲労物質である乳酸を中和させて疲労を回復させてくれる作用もあります。

 

ナトリウム

ナトリウム

細胞の浸透圧を維持する役割があります。体液の量やpH値の調節、筋肉の収縮や神経活動にも密接な関係があります。

 

多くの人にとってナトリウム不足の心配はありませんが、運動などで汗を多くかいた場合は意識的に摂取するようにしましょう。不足すると筋肉痛や熱けいれんが起きます。

 

過剰摂取は血圧の上昇、他のミネラルの吸収や働きを阻害してしまいます。

 

カリウム

筋肉の収縮や神経伝達に不可欠なミネラルで、体液の正常バランス、pH値を調整しています。カリウムは細胞内の過剰なナトリウムを排除して血圧を下げ、正常に保つ働きがあります。血圧が高い人はカリウムが不足しがちなので、意識して摂取するようにしましょう。

 

亜鉛

100種類以上の酵素組成に欠かせず、DNAやタンパク質の合成、細胞分裂や新陳代謝、免疫活性化、育毛などの働きがあります。亜鉛の摂取不足は味覚障害、皮膚炎、貧血、精子の数の減少、免疫機能の低下などが起こります。活性酸素を抑制する酵素を活性化させる作用があるので、老化予防にも役立つと言われています。

 

幅広い加工食品(ハムなどの加工肉製品・インスタント食品・清涼飲料水・缶詰・調味料・チーズなど)に添加されているリン酸塩は亜鉛の吸収を妨げます。加工食品を多く食べる方は亜鉛の摂取を意識しましょう。

 

女性

 

 

必須ミネラルの不足は深刻な健康被害を引き起こしてしまいます… 微量ですが体の機能維持や調整、生命活動に欠かせない栄養素です。お水であれば毎日飲むものなので、飽きずに自然とミネラルが摂取できて良いですよね♪


 

 

>>いまなら契約手数料3000円が無料<<

ミネラル成分豊富!富士山の天然水はキララ